DTP アプリ & ソフト Pages

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方 目次





Pagesとは?

Mac及びiOS(iPhone・iPad・iPod touch)には、Apple純正のアプリにPages(ページズ)があります。

以前は有料(マック版)でしたが、現在はMac及びiOSともに無料で使用できます。

ワープロ及びページレイアウトアプリで、MicrosoftのWordのようなアプリです。

Wordに比べると、ページレイアウトの機能が優れているため、直感的にチラシなどが作れます。

なので、私個人としてはワープロとして使うことは当然できますが、ページレイアウトアプリケーションとして使用するのもいいと思います。

簡単なチラシを作って見ながら、簡単なPagesのご説明をいたします。

今回はiPadで作ります(iPhoneでも使い方は同じです)。

なお、チラシを作るということで、文字をたくさん入力するので、Bluetoothのキーボードを使いました(文書を作るには、iPadの入力キーボードだと作業がやりにくいのでそうしましたが、個人的には作業が早くなるのでその方法をおすすめします)

トップへ戻る





Pagesの使い方

①新規ファイルの作成します

左上の+をタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

するとテンプレートを選択するという画面が現れます。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

ここでは白紙から作るので、空白をタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

②画像を入れます

今回作るチラシは2枚の画像を使用するので、ファイルに入れます。

上段左側のアイコンの+をタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

上段の1番左にあるアイコンをタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

挿入元をタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

ブラウザをタップします。

今回、私はOneDriveから写真を読み込むので、それをタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

これで画像がファイルに入ります。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

③テキストボックスを入れます

今回作るチラシのテキストは4つ使います、4つのテキストボックスを入れます。

画面上段の+をタップします・

左から二番目のアイコンをタップし、 基本を選択し、テキストをタップします。

そうするとテキストボックスが入るので、その作業を繰り返して4つ入れます。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

BluetoothのキーボードでCommand+Aを押して、全てを選択します。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

上段左から一番目のアイコンをクリックします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

配置をタップし、テキストの折り返しをなしにします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

用紙の外の画面をタップすると、全て選択されていた画像などが解除されます。

その後に、大きさなどを無視して、テキストボックスに必要なテキストを入力します。

④画像サイズを変更します

画像をタップすると、周りに青色の8つの点が現れます。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

この点を動かくことで画像の拡大縮小が出来ます。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

⑤画像にマスクをかけます

マスクとは、切り取りのことです。

これを行うことで、イメージ自体を変更せずにイメージの不要な部分を非表示にすることが出来ます。

最初に画像をダブルタップします。

以下のように表示されます。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

周りに8つの青い点が現れます。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

青い点を動かして、残したい部分だけにし、終了をタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

そして拡大縮小を行います。

⑥フォントの設定を行います

上段のアイコンの一番右側をタップします。

テキストをタップします。

するとフォントの種類、フォントのサイズ、フォントのカラーなどの変更が出来ます。

また行間の設定も出来ます。

これをそれぞれ設定して、フォントの設定を行います。

それぞれ設定を行ったら、配置を行います。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

⑦フォントを太くします

Bを押すだけでは満足な太字にならないことがあります。

その時は、アウトラインをかけて太くします。

フォントの下の・とかがある欄の…をタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

アウトラインの白丸をタップします。

これでアウトラインがかけられる状態になるので、幅を設定します(カラーはフォントと同じものにして下さい)。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

幅を任意のポイントにします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

各自テキストボックスで、満足な太字にしたいものは、この方法で太くして下さい。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

⑧フォントを縦書きにします

今までPagesは縦書きにすることが出来ませんでしたが、新ヴァージョンからそれが可能になりました。

縦書きにしたいテキストボックスをタップします。

テキストを縦書きにする、という項目が出てくるので、それをタップします。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

それでテキストが縦書きになります。

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方

縦書きにしたテキストは、フォントの設定などを行って下さい。

⑨それで完成です

Pages | Apple純正のワープロ及びページレイアウトアプリPagesの使い方
▲クリックすると、拡大します

トップへ戻る





-DTP アプリ & ソフト, Pages

関連記事

Pages | PagesのデータをWordのデータに変換する方法

Pages | PagesのデータをWordのデータに変換する方法 目次 ・Pagesのデータをそのまま保存すると、Wordでは開けない ・PagesのデータをWordのデータに変換する方法 Pa …

Adobe Spark Post デザイン作例 | 電話少女

▲クリックすると大きな画面でご覧になれます。 友達との電話を楽しむ女の子をテーマに描いた作品です。 AdobeのiOS用ドローアプリのAdobe Drawで描いた絵を、AdobeのiOS用レイアウトア …

Adobe Comp | Adobe Comp 図形の入れる方法

文書、チラシ、ポスターを簡単に作りたい、そんな人におススメするアプリがスマホやタブレット(iOS版とAndroid版があります)用アプリのAdobe Compです。 Adobe Compはレイアウトな …

Adobe Spark Post デザイン作例 | 夜に流れる素敵な音楽で踊ろう

▲クリックすると大きな画面でご覧になれます。 夜に流れる音楽で踊るダンスが好きな娘をテーマに描きました。 AdobeのiOS用ドローアプリのAdobe Drawで描いた絵を、AdobeのiOS用レイア …

Adobe Comp | Adobe Comp 文字の入れる方法

文書、チラシ、ポスターを簡単に作りたい、そんな人におススメするアプリがスマホやタブレット(iOS版とAndroid版があります)用アプリのAdobe Compです。 Adobe Compはレイアウトな …



このサイトの管理人のnabesangの写真を中心としたブログです。
このサイトの管理人のnabesangの写真を中心としたブログです